日々仕事に精を出す人が大勢いる中、株トレードだけで生活している人もいます。今からでもこんな生活が可能なのでしょうか?

  • ホーム
  • 株のスクールの現状について

株のスクールの現状について

株の取引に関するスクールは非常に多くの種類があります。
証券会社が開催するような、取引の基本を学べるようなものから、独自の取引手法を教えるものまで、選ぶのに迷うほどの数となっています。
現状ではスクールを開く本人が株の取引によって、ある程度成功したというタイプのものが増えています。
実践的な内容となることと、具体的に銘柄を取り上げていることが人気となっています。

株式投資には王道というものがあって無いようなものです。
というのも、個人によって適する取引の方法は異なるからです。
デイトレードのように細かく利益を積み上げる形が向いている人もいれば、長期投資で長く保有するスタイルが向いている人もいます。
まずはそこから考えることが必要となります。

また個人として上手くいった方法が、そのまま他の人にも使えるかというと、そうではないものです。
そのようなスクールは、あくまでも参考程度にとどめておくことが大切です。
それを踏まえて、どのようなスクールを選べば良いのかを考えることになります。

まずデイトレードのような短期売買については、銘柄選びよりは手法がメインになります。
リスクの回避を主体として、いかにタイミングをはかるのかをチャートを使っての講義というスタイルになります。

一方で長期投資の場合にも、やはり銘柄をどれにするかではなく、いかに保有するかがポイントになります。
単に株を購入して終わりではなく、その間にどのような操作が必要なのかを教えるスクールが必要です。

株価というものは必ず、上下に細かく動いているものです。
そして長期保有ならば購入コストを抑えて株数をいかに増やすかが課題になります。
その増減の仕方について教えるところを探すのがポイントとなります。

関連記事