日々仕事に精を出す人が大勢いる中、株トレードだけで生活している人もいます。今からでもこんな生活が可能なのでしょうか?

公開履歴
    グラフ

    最近の日本の経済動向の一つとしてはなかなか良好な状況になっており、日本政府の政権が民主党から自民党に代わったのをきっかけに日本経済の為替においては、これまでリスク資産の逃避先として日本円が買われていました。
    世界経済が楽観的に観測するようになったため、現在では円が売られ逆にアメリカドルが買われるというようなうごきになり、円安が進行してきました。
    このような状況にあるため、輸出企業がメインで構成されている日本の企業においては、企業戦隊の業績が好調に推移しているために、企業の業績を反映しています日経平均株価についてもこの数年間で倍以上に上昇するなど様々な好業績の要因が始まっています。

    このような状況の中で富裕層ともなると、一般のサラリーマンがあこがれるような株の配当金のみで生活している人がいます。
    そのような人たちは株所有者のうちの何割になるのかについても興味がわいてくることになります。
    投資家なら証券会社を介している方は多いでしょう。
    しかしそれすら見直すことが必要かもしれません。

    証券会社にも評判のいいところ、そうでないところがあるのをご存知ですか。
    信頼できる証券会社を選ぶことがまずは第一歩ともいえるのです。
    ネットで証券会社ランキングなどをチェックして良い証券会社を選びましょう。
    株の配当金だけで生活するためにはどの程度のお金が必要かになってくるのですが、不自由なく4人家族で生活する際に必要になってくる資金を1000万円とすると、その金額を配当で受け取ることになります。
    そうなってくると、株式市場における配当金のおおよその割合が1%~2%程度になりますので、1000万円を年間の配当として受け取るためには投資資金としては10億円程度の資金が必要になってきます。

    それでは株式投資をしている人の中で10億円程度を投資している人が全体の中で何割いるかというと、おおよそ1割にも満たない割合になってくるため、配当金のみで生活できる人になるためのハードルはまだまだ高い状況になります。
    また、投資する額が大きければ大きいほど株価チャートから目が離せなくなりますので株価の予想ならこちらを参考にしてみるのもいいかと思います。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索